トップ / 医師の患者に対する対応

医師の患者に対する対応

医師と患者の関係

医師と患者は距離を置くのが基本

医療漫画などでは患者と医師が恋に落ちる、などという場面も多く登場します。しかし、基本的には両者は治療者と治療対象者としての付き合いです。特に、心療内科や精神科の場合、両者があまりにも深い関わりを持ってしまうのは治療に支障をきたす可能性があります。医師が治療者として面倒を見ていると、患者の心が治療者に依存してしまう可能性があります。特に心の病を抱えている人はその傾向が強いため、治療を行っている最中は距離を置いて接するようにします。

医師の患者への説明は大切

今では、医療初心者である患者でもわかりやすいように説明するのが良い医師、と考えられています。昔であれば分かりやすさは置いておいて、とにかく何か治療してもらえば有難いというのが常識でした。しかし、今では両者の関係は平等か、もしくは患者の方が上のように考えられています。もちろん未だに自分の方が偉いと考えている医師もいます。しかし、ほとんどの病院ではお客様に対して接するような感じになっています。わかりやすい説明をすることは、治療をスムーズに行うためには欠かせないことです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.