トップ / 難関な医師免許の取得

難関な医師免許の取得

医師に必要な資格

医師免許の取得方法とは

だれもがうらやむ資格や免許はいろいろありますが、医師免許もその一つです。どのようにして取得できるのでしょうか。試験は、簿記試験とか英語検定のような資格試験とはちがって、だれにでも受験資格があるものではないです。それにはまずは大学の医学部に入学して6年間勉強することが必要です。6年間で必修の単位を取得したものが国家資格の受験資格を得るのです。実は医学部は本当に勉強しないと、留年する危険性もあるのです。本当に試験が多く試験も難しいものが多いので、進級するのも簡単ではないです。そして、国家試験の合格率は80%以上です。その数字をみると簡単そうに思われるかもしれないですが、医学部に入るレベルの人が相当の努力をして勉強しての80%ですから、かなり大変だということです。そもそも医学部に入ることも、日本の大学では東大に合格するのと同様か、それ以上の難関と言われるくらいですから、医師になるということは、ただただ最難関だということです。

医者の免許の確認について

医師国家試験に合格すると免許証が交付されます。この証書は国家試験合格後に様々な医療機関に勤めるために重要な書類であり、勤務をする前に雇用主に提示することになる機会が多いものであると言えます。この証書にはいつ実施された国家試験に合格したかについての情報と、医籍番号が明記されています。この医籍番号が医療機関で働く際に意思であることの証明として機能するものであると言えるのです。現代社会においても地方では医師不足の状況が継続しており、拠点となる病院では一人でも多くの医療の担い手を必要としていますが、医療行為の全ては国家資格をもつ有資格者でなければ行うことが出来ないものであると法によって定められています。そのため医療機関側はどのような状況においても免許の提示を求めることで確認を徹底する仕組みになっています。そのため国家試験に合格した証である免許証は勤務するに当たっては最重要な書類であるということが出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.