トップ / 医師になった後について

医師になった後について

医師の研修制度とは

医師免許取得後の研修医とインターンの違い

インターンとは、アメリカで医大にて医学教育を受けたものが、医師免許を取得すると卒業後にインターンシップと呼ばれる臨床研修を受けなければいけません。これは、主要診療科を一通り研修により回ることで医療現場でのスキルを身につけるものです。日本では、大学で6年の医学教育を受けるのですが、大学を卒業した時点で医療現場での実際の経験がないため、医師免許取得後に指導のもと研修医として働くことが義務となっています。研修医として働く期間は2年以上であり、歯科医であれば1年の研修が必要となります。アメリカでのインターンシップは研修医と同一の概念として日本の研修医制度と混同されるのですが、アメリカと日本での制度に内容の違いがあります。問題として医療機関での医療関係者の不足が慢性化すると、研修医の過酷な医療現場での労働環境があり、また、支払われるお金がわずか月に数万円ということで、鬱などとなる人もおり社会問題化しています。

インターン制度について

医師におけるインターンの制度は一般的な同盟の制度とは異なっています。また現在は行われていない制度であるため、しばしば研修医制度と混同されがちであるという傾向があります。このインターン制度は1949年から1968年までの間に行われていた診療実施修練と呼ばれる額が言実習の様なものであり、これを終了していなければ医師国家試験を受験することが出来ないというものでした。現在の研修制度は国家試験に合格した後に研修に入ることから責任の所在も明確であり、給与も支払われるという待遇に変化しましたが、それまでは免許を持たない状態で医療行為を行うという仕組みが実施されていたのです。この様な制度は様々な問題を引き起こすこととなり、現在では廃止されている過去の仕組みであると言えます。その代わりに国家試験合格後に義務付けられている研修医制度によって医療を行うために必要な技能を身につけるトレーニングが行われるようになりました。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.