トップ / 若い医師と経験のある教授

若い医師と経験のある教授

医師の経験について

大学病院で助手の医師

大学病院の場合は上から、教授、準教授、講師、助教、助手、一般医局員、レジデントとなっています。講師になるのは、内科の場合はだいたい医師になって10年目前後、35歳前後と言ったところです。経験だけではなく、学会発表を行い論文を沢山書く必要があります。助手は免許取得後5~6年経ったころで、30歳前後です。そろそろ外来診察を一人で任せて貰えるようになってきます。変に経験慣れして、患者さんをぞんざいに扱う教授もいます。若い医師が、熱心に診察してくれて教授より良かった、といったケースも多々あります。

医師と助手の良い関係性

高齢化社会の到来もあり、医師の存在感が大きく増してきています。以前より、必要不可欠な存在でありましたが、昨今では、最も貴重な職業と言っても過言ではありません。誰もが加齢に伴い、医療の力を必要とする可能性があるといえるからであります。地域の発展は医師がいなくてはあり得ないといわれるほどであります。一方において、助手も重要な役割を担っています。多くの処置などを行うとともに、直接的に、患者のサポートをする存在として、患者やその家族にとっては、助手を一番頼りにするという人も多いというほどであります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.