トップ / 医師と看護士はパートナー

医師と看護士はパートナー

医師の説明について

医師と看護師の関係性について

医師と看護師はパートナーであり、どちらがかけたとしても病院運営は行うことはできません。医者は医療の現場におけるリーダーであり、治療方針の決定や治療、手術などを行います。また、患者へのインフォームドコンセントを行うことも大事な仕事です。医師は基本的に人数が少ないために一人で多くの患者を受け持つことになります。そのため、一人ひとりに対して医療処置を行うことはできません。そこで看護師が患者一人ひとりに必要な医療処置や健康管理、病状の観察などを行うのです。

医師の説明で理解できない時

こういっては何ですが、病院で診察を受けて病状を聞いても医師によっては説明があまり上手ではなく、イマイチ理解できないということもあります。別に診察がいい加減ということではないのですが、コミュニケーションがちょっと苦手な場合もあるようです。そういう時に頼りになるのは看護師さんです。患者の立場になってくれる人だと、たぶん理解できていないかもと機転を利かせて後で説明してくれることもあります。その人を通じて医師に話を通してもらうこともできますから、診察に立ち会ってくれた看護師さんににどんどん聞いてみましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.