トップ / 医師へのお礼の方法とは

医師へのお礼の方法とは

医師への感謝の気持ち

医師へのお礼を受け取ってもらう

入院でお世話になった時などに、医師へのお礼をしたいと言う方がいますが、やはりスタッフや他の患者の目があることや、病院の規約があり、断られることが多いものです。総合的な規模の大きい病院ほど、その傾向が強くなります。しかし、患者がどうしても医師へのお礼をしたい場合には、診察室でさりげなく手渡すことや住所を教えてくれているのであれば郵送で送る方法があります。この際、商品券、あるいは贈答品でもかまいませんが、出来るだけ常識の範囲内で選びましょう。

医師への現在のお礼の常識

医師へのお礼に悩む時があります。お世話になった感謝の気持ちを表したいと、患者側は素直な心から品物や商品券などを用意する人がいます。現在ではほとんどの病院で、お断りする張り紙などがあります。特に公的な医療機関では、規約の中で禁止されているのが普通であり、お礼を受け取ってしまうと収賄罪などになってしまいます。無理やり押し付けて帰る人もいるようですが、むしろ迷惑が掛かる事になりかねませんので止めておきましょう。医師や看護婦など、お世話になった方への感謝の気持ちは、言葉や手紙などで充分に伝わります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.