トップ / 医師としてのプロセス

医師としてのプロセス

現場で活躍できる医師

医師のキャリアについて

医師として働く上で膨大なプロセスをクリアしなくてはならないと思い込んでいる方々は多いものです。しかし、実際は医学生という学生の頃から病院などの施設に出入りすることが多く、卒業が近い学年になると実習という形で長い時間医療の現場に携わることになります。そこにあるのは、意識してキャリアを伸ばすということではなく、学生として生活をしていく上で結果的にキャリアが長くなったということなのです。医師になるには、大変なこともありますが、学生時代の実習の成果を発揮できれば問題無くスムーズに現場で活躍することができるのです。

医師としてキャリアアップ

昨今の医療技術の進歩に伴い、医師に求められる技術や知識が以前より高度なものになっています。それは、手術などに使用する機器などがハイテクになっていることも一つの理由です。例えば、以前は行わなかった腹腔鏡手術が挙げられます。小さな穴から器具を挿入して体内で作業を行う腹腔鏡手術は、キャリアだけではなく医師の技術が最も大事になってきます。こうした手先の作業をスムーズに行うために、責任をもってキャリアを積んでいくのです。これまでの異なる作業の連続だからこそ、一つ一つ確かめながら取得していくというわけです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.