トップ / 病院での恐怖体験の原因

病院での恐怖体験の原因

病院での怖い体験

病院の恐怖エピソード

エピソードの中でも病院で巻き起こる恐怖にまつわる対象は、その場で実際に起こっているのではありません。自身の心の中で自然発生しては消えていく雑念が影響を与えていると考えなければ、いつまで経っても病院の室内で恐怖に頭を抱えることになってしまいます。エピソードが発生する原因となるのは、体の一部分に痛みを生じているけれども治療によって遅かれ早かれ感知する事柄です。治療の結果が良好ならば気にならなくなる病状ではあるものの、途中には何かと心配事が多くなり体が過剰に反応してしまいがちです。

終わりのない病気との闘い

痛覚が過剰反応を見せるなど病人特有の事象が起こるために、珍しくはないことであると感じられるかどうかがカギを握ります。その一方で漠然とした不安がきっかけで不思議な状況の当事者になる可能性も拭えませんから、原因を断定してしまうのは時期尚早というわけです。具体的なエピソードでありがちなのは、根拠のない痛みを感じて医療従事者を呼んでしまうことです。終わりの見えない状態が恐怖を生み出す契機として体中を駆け巡りますから、事あるごとに自身の状況を周囲に知らせるのではなく我慢も必要なこととして認識しなくてはなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の出身大学の影響. All rights reserved.